未分類

借地権の新法の特徴

男性借地権について、借地借地法という新法になってからあまり理解していないという方も多いです。実際に借地権に関しては旧法と呼ばれるものから新法になって色々と変わりました。しかし、そのことを知らずにいる方もまだまだ多いです。

そこで、このサイトでは借地権に関する情報の中でも、特に新法に関しての特徴を紹介していきます。どのようになったのかについて知っておくことはとても重要だと言えるのではないでしょうか。特に借地権を持っている方や地主の方は情報を知っておいて損はありません。法律が変わってくると覚えるのが大変ですが、基本的なことでもしっかり知っておくということは重要となります。そこだけでもしっかり知るようにし、対応できるようにしておくことが重要です。もちろん、知らないままでも何とかやっていけている人は多いですが、存続期間や更新期間についても変更があるので、新しい取り扱いについても知っておかないと、トラブルになることがあるかもしれません。ただ、旧法適用のままということもあるので、新法適用となっていない方は旧法の特徴を知っておくことも必要です

意外にも複雑な状況となっているので、新法と旧法の両方を知っておくのが一番良いかもしれません。そこは、しっかりと考えてトライできるよにしておくと良いのではないでしょうか。もちろん、借地権に関しては関係ないと思っている方も多いです。ただ、近年は相続したりすることもあるので、一概にまったく関係ないとは言えなくなっています。

★関連記事★

  1. 存続期間が30年
  2. 更新期間が20年・10年
  3. 取り扱い規定の変更