未分類

存続期間が30年

借地権の新法では、まず存続期間が30年になっています。旧法ではある条件の下で20年や10年というように設定されていたのですが、新法では一律で30年とすることになっています。これに関しては、知らない人も意外と多いのが特徴となっています。確かに借地権に関しての知識がない人は、何のことを言っているのかさえわからないかもしれません。そもそも借地権には権利が効力を発揮する存続期間というものが用意されているのです。それをしっかり考えないと、借地権のことで地主とトラブルになることもあります。

古い建物なお、この存続期間ですが、建物の状況によっても変わってくるので、注意が必要となります。しっかり考えて対応していくようにすれば、より安心して借地権を活用していくことができるのではないでしょうか。知らない情報に関しては、自分で調べて補うのが近年の常識となっています。しかし、もともと古い建物などを持っている方は、そもそも新法についても知らないことも多いでしょう。まずは存続期間が30年で統一されたということを頭に入れておくことが必要となります。そこだけでもしっかり頭に入れておくことによって、トラブルなどを未然に防ぐことができるようになるでしょう。

★関連記事★

  1. 借地権の新法の特徴
  2. 更新期間が20年・10年
  3. 取り扱い規定の変更