未分類

更新期間が20年・10年

空借地権の新法になってから、更新期間についての内容も変わりました。新法では、1回目の更新が20年となっていて、2回目の更新が10年となりました。これによって、借地権の更新期間も変更になったと理解していくことが必要です。借地権を持っている方は、更新が必要となる年数が変わってくるので、そこは注意が必要となります。もちろん、20年や10年という単位でのことなので、多くの方は更新については忘れていることも多いでしょう。ただ、こればかりはしっかりと更新して地主と相談していくことも必要となるので、しっかり覚えておくようにしてください。

なお、更新期間については、それぞれの借地権によっても変わってきます。建物を所有している方にとっては、その建物の価値によっても変わってくるということを理解しなくてはなりません。例えば建物の朽廃が進んでいる場合は、旧法では更新する時に色々な条件がかかることもあります。それは新法でも同じなのですが、その条件などについても変わっているのです。そのため、新法での更新期間についても理解し、正しい知識で対応していくことが必要となるでしょう。もちろん、更新をしなければ借地権に関しては扱い方も変わるので注意してください。

★関連記事★

  1. 借地権の新法の特徴
  2. 存続期間が30年
  3. 更新期間が20年・10年