未分類

取り扱い規定の変更

再築借地権の新法が定めていることとして、取り扱い規定についてもしっかり知っておくことが必要となっています。実際に取り扱いが変更になり、朽廃しても借地権は消滅しないし、建物が消滅しても一定の事項を提示し2年以内に建物を再築して登記すれば良しということになっています。そういう扱いに関しては、内容が大きく変わってきたと言えるので、しっかりと考えておくことが必要となるでしょう。もちろん、取り扱いに関しては、借地権を持っている方ごとに違ってくるので、その点も理解しておくことが重要です。

特に借地権の場合は建物の老朽化や荒廃化によって、評価される点も変わってきます。それらの取り扱いが、新法ではまた変わってきたと言えるでしょう。もちろん、不利になるということはありませんが、じっくりと考えて取り扱いについては理解しておかないといけないでしょう。そこはしっかりと情報収集して、対応するようにしてみてください。借地権を持っている方や地主の方にとっては大きな問題となってくることもあるので、理解を深めていくことが必要となります。もちろん、理解が深くなれば深くなるほど、この手の業界で有利に動くこともできるでしょう。まずは新法について知ることが重要です。

★関連記事★

  1. 借地権の新法の特徴
  2. 存続期間が30年
  3. 更新期間が20年・10年