Browse Author by admin
未分類

取り扱い規定の変更

再築借地権の新法が定めていることとして、取り扱い規定についてもしっかり知っておくことが必要となっています。実際に取り扱いが変更になり、朽廃しても借地権は消滅しないし、建物が消滅しても一定の事項を提示し2年以内に建物を再築して登記すれば良しということになっています。そういう扱いに関しては、内容が大きく変わってきたと言えるので、しっかりと考えておくことが必要となるでしょう。もちろん、取り扱いに関しては、借地権を持っている方ごとに違ってくるので、その点も理解しておくことが重要です。

特に借地権の場合は建物の老朽化や荒廃化によって、評価される点も変わってきます。それらの取り扱いが、新法ではまた変わってきたと言えるでしょう。もちろん、不利になるということはありませんが、じっくりと考えて取り扱いについては理解しておかないといけないでしょう。そこはしっかりと情報収集して、対応するようにしてみてください。借地権を持っている方や地主の方にとっては大きな問題となってくることもあるので、理解を深めていくことが必要となります。もちろん、理解が深くなれば深くなるほど、この手の業界で有利に動くこともできるでしょう。まずは新法について知ることが重要です。

★関連記事★

  1. 借地権の新法の特徴
  2. 存続期間が30年
  3. 更新期間が20年・10年

未分類

更新期間が20年・10年

空借地権の新法になってから、更新期間についての内容も変わりました。新法では、1回目の更新が20年となっていて、2回目の更新が10年となりました。これによって、借地権の更新期間も変更になったと理解していくことが必要です。借地権を持っている方は、更新が必要となる年数が変わってくるので、そこは注意が必要となります。もちろん、20年や10年という単位でのことなので、多くの方は更新については忘れていることも多いでしょう。ただ、こればかりはしっかりと更新して地主と相談していくことも必要となるので、しっかり覚えておくようにしてください。

なお、更新期間については、それぞれの借地権によっても変わってきます。建物を所有している方にとっては、その建物の価値によっても変わってくるということを理解しなくてはなりません。例えば建物の朽廃が進んでいる場合は、旧法では更新する時に色々な条件がかかることもあります。それは新法でも同じなのですが、その条件などについても変わっているのです。そのため、新法での更新期間についても理解し、正しい知識で対応していくことが必要となるでしょう。もちろん、更新をしなければ借地権に関しては扱い方も変わるので注意してください。

★関連記事★

  1. 借地権の新法の特徴
  2. 存続期間が30年
  3. 更新期間が20年・10年

未分類

存続期間が30年

借地権の新法では、まず存続期間が30年になっています。旧法ではある条件の下で20年や10年というように設定されていたのですが、新法では一律で30年とすることになっています。これに関しては、知らない人も意外と多いのが特徴となっています。確かに借地権に関しての知識がない人は、何のことを言っているのかさえわからないかもしれません。そもそも借地権には権利が効力を発揮する存続期間というものが用意されているのです。それをしっかり考えないと、借地権のことで地主とトラブルになることもあります。

古い建物なお、この存続期間ですが、建物の状況によっても変わってくるので、注意が必要となります。しっかり考えて対応していくようにすれば、より安心して借地権を活用していくことができるのではないでしょうか。知らない情報に関しては、自分で調べて補うのが近年の常識となっています。しかし、もともと古い建物などを持っている方は、そもそも新法についても知らないことも多いでしょう。まずは存続期間が30年で統一されたということを頭に入れておくことが必要となります。そこだけでもしっかり頭に入れておくことによって、トラブルなどを未然に防ぐことができるようになるでしょう。

★関連記事★

  1. 借地権の新法の特徴
  2. 更新期間が20年・10年
  3. 取り扱い規定の変更

未分類

借地権の新法の特徴

男性借地権について、借地借地法という新法になってからあまり理解していないという方も多いです。実際に借地権に関しては旧法と呼ばれるものから新法になって色々と変わりました。しかし、そのことを知らずにいる方もまだまだ多いです。

そこで、このサイトでは借地権に関する情報の中でも、特に新法に関しての特徴を紹介していきます。どのようになったのかについて知っておくことはとても重要だと言えるのではないでしょうか。特に借地権を持っている方や地主の方は情報を知っておいて損はありません。法律が変わってくると覚えるのが大変ですが、基本的なことでもしっかり知っておくということは重要となります。そこだけでもしっかり知るようにし、対応できるようにしておくことが重要です。もちろん、知らないままでも何とかやっていけている人は多いですが、存続期間や更新期間についても変更があるので、新しい取り扱いについても知っておかないと、トラブルになることがあるかもしれません。ただ、旧法適用のままということもあるので、新法適用となっていない方は旧法の特徴を知っておくことも必要です

意外にも複雑な状況となっているので、新法と旧法の両方を知っておくのが一番良いかもしれません。そこは、しっかりと考えてトライできるよにしておくと良いのではないでしょうか。もちろん、借地権に関しては関係ないと思っている方も多いです。ただ、近年は相続したりすることもあるので、一概にまったく関係ないとは言えなくなっています。

★関連記事★

  1. 存続期間が30年
  2. 更新期間が20年・10年
  3. 取り扱い規定の変更